ダンススクール市川

グラッチェ ⑸

2017.01.13 カテゴリー:ブログ

Pocket

10日間に渡るイタリアでしたが、
アッと言う間に帰国になりました。

競技を引退しても尚、毎年ここに来てしまうのは、
なんの容赦もせず、しごきのレッスンで喝をくれ、
未だに底が見えないダンスの楽しさと深さを
いつも学ばせてくれる、
伊達男のフェデリコ・フィリッポーネ氏が
魅力的だからです。


 

そしてファミリーとして迎えてくれる温かさ。

今回のローマは超が付くほど寒かったけど、
超ホットな気持ちを日本に持ち帰り、
お裾分けいたします。


ダンスを教えながら、ダンスが趣味の自分達が、
体が動く限りは続けて行きたい、充実の冬休みでした。
今年も頑張るぞ〜✊