ダンススクール市川

「ダンスと私 」 佐藤福雄・佐藤ひさ子 (70代)

2015.12.07 カテゴリー:会員様の声

Pocket

ダンスを始めたキッカケは、大学の文化祭でクラブ活動の資金集めで
ダンスパーティーを企画して、踊れなかったので、学生服で新宿の
ダンス教室に習いに行ったのが最初でした。

本格的に社交ダンスを習い始めたのは、会社に入り仕事も楽しくなって来て、
30代の後半に何か趣味と考えて、東洋的な茶道と西洋的な社交ダンスを
習い始めました。
最初はパーティーで恥をかかない程度に踊れれば良いと思っていましたが、
四年程遅く始めた家内が、先生とデモンストレーションをする事になり、
自分も人の前で踊るデモンストレーションに挑戦する事になりました。
それにより、ダンスがまた一段と難しくなり、緊張感のある空間と達成感を
知る事になりました。

現在は、とりあえず75才まで頑張ろう‼︎
三年前から、夫婦で踊る様になりました。また一段とダンスの良さを
知る事となりました。
念願のヨーロッパクルーズでのダンスを体験し、今はダンススクール市川の
パーティーで、市川学先生と寿子先生夫妻と、デュエットと言う恐れ多いお願いを
して、四人でデモンストレーションさせて頂いております。
今では、本当に生活の大事な柱になりました。
社交ダンスに出会い、老後も健康に注意をして、これからも夫婦二人で
楽しんでまいります。

P1000711